私と私が好きなもの

This is for you

ミレーヌ・F・ジーナスの歌を聴け!

マクロス7って知ってるかい?昔、太陽系で粋に暴れ回ったっていうぜ。

 

という訳で私が好きなマクロス7の作中バンド"Fire Bomber"でミレーヌ・F・ジーナスがメインヴォーカルを務める曲をいくつか紹介します。

 

ミレーヌの歌唱担当チエ・カジウラさんの色気満点な歌声に酔いしれてください。

 

FireBomberとは宇宙のロックバンドである

FireBomberはアニメ「マクロス7」において主人公・熱気バサラが率いるバンド。マクロスシリーズは基本的に「歌姫」がいて男キャラは戦闘ばかりしているのですが、バサラは珍しく闘わないヴォーカリストです。

熱気バサラの歌唱担当は「真っ赤な誓い」や「キングゲイナー・オーバー!」で有名な福山芳樹さん。情熱溢れるパワフルなハイトーンボイスが聴いていて心地良い。


そんなバサラに負けないパワーを持っているのがメインヒロイン、ミレーヌ

 

ミレーヌの歌唱を担当するチエ・カジウラさんは今作が歌手デビュー初仕事。にもかかわらず初っ端からトップギアのフルスロットル、福山さんに負けず劣らずのインパクトを残しています。

チエさんはあまり表舞台に出てこないのでご存知ない方も多いかもしれません。最近では娘の杉咲花さんの方が有名に。

 

しかし15周年アルバムReFire発売近辺から、福山さんと一緒にFireBomberとして活動を再開しています。

今でも歌声は健在。オリジナルアルバムも出してほしい…。

 

ミレーヌメイン曲6選

PLASTICS


Fire Bomber: Re. Fire - 09 PLASTICS


15周年記念アルバム「ReFire」より。

 

恋する乙女の純な感情と不安がないまぜになりつつもポップな曲調で明るく振る舞う一曲。

 

作中のミレーヌはバサラに好意を持っているけど、バサラは歌の事しか考えてないし何だかんだ色んな女性が寄ってくるし。

そんなもどかしさを抱えつつも、バンド活動や毎日は楽しい。

相反するような感情を行ったり来たりする歌詞だけど、明るいメロディーで楽しく聴ける。

 

作品終了から時間が経ってからの新曲ですが、ミレーヌの揺れる感情を上手く表現しています。


SWEET FANTASY


SWEET FANTASY 【マクロス#11】


曲名の通り、夢の中のようなファンタジックな世界を歌った一曲。

正直歌詞の意味はよく理解できませんが、思春期少女の夢の中物語なんておっさんに理解できるはずがない!

 

この曲で特筆すべきはチエさんの歌唱力。ウィスパーボイスを中心に使いつつも常に芯の通った強い歌声。

 

もはやミレーヌというよりチエさんの曲ですが、雰囲気と世界観が心地良いのでそんなのどうでもよくなっちゃう。


LOVE IT


062 Fire Bomber LOVE IT YouTube


片想いミレーヌの嫉妬っぽい乙女その2。

 

こんな曲ばっかり歌っていたら敗けヒロインルートから抜け出せないぞ!と本編を観ながら思いました。

(結局敗けヒロインというか、勝利者のいない闘いに疲れ果ててましたが)

 

いわゆる正統派アイドルっぽくない楽曲は、現代風等身大ガールズめいたミレーヌになぜか似合う。だいたいミレーヌって作中悩んでるイメージ強いし思春期だし。


君に届け 


君に届け→ - チエ・カジウラ


なんだかんだ言ってたら敗け確になってしまった一曲。

 

メロディに対しての歌詞の置き方がとても特殊、にもかかわらずしっかりと頭に入ってくるこの不思議な感じはなんだ!

こういうゆったりとした曲はヴォーカルの良し悪しがダイレクトに表れてしまうのですが、さすがチエさんは曲に負けません。

 

この曲とSWEET FANTASY、PILLOW DREAM辺りを聴くとぐっすり眠れます。催眠効果高し。


…だけど ベイビー‼︎ 


...だけど ベイビー!! - FIRE BOMBER


マクロス7後期EDにして元気ミレーヌ全開な一曲。

 

いろいろ悩みもあれば落ち込んだりするけど、若さという特権で吹き飛ばすような。 

それでいて、Cメロ(ラストサビ前)のけしからん色気はなんだ!ティーンエイジャーという設定忘れてるんじゃないか?と思う場所がところどころ。

 

プライベートはウジウジしてしまう日もあるけど、ライブとなれば一気にハジける!

そんなサビとABCメロのギャップをご堪能ください。


MY FRIENDS


Fire Bomber 01 My Friends

 

前期ED曲。言うことなしの名曲。

 

まぁ何も言わないわけにもいかないので。

 

溢れる若さでサボテンに花をつけるような、エネルギーに溢れた一曲。

序盤のミレーヌはバンドにもバサラにもおっかなびっくり。それでも自分の足で走り出そうという強い想いが感じられる。

曲名にある通り、周りはみんなFRIENDS。誰かが特別という訳ではなく、分け隔てなく接する根っからの明るさがミレーヌにはあります。

 

とはいえ年相応に恋も知ってみたい。その相手がストリートミュージシャン拗らせて銀河旅行をするとも知らずに。

そんな初々しさが溢れています。眩しいね。


終わりに 

長々と書いたけど、一番言いたいのはチエ・カジウラさんの歌声は、とても、エロい。

聴いている内に色々な事がどうでもよくなるような、超スーパーすげェどすばい…。なトリップ感を味わってほしい。

 

あとあわよくばFireBomberでライブやってほしい。オリジナルアルバムも出してほしい。

 

それでは次回も、なにとぞよしなに


マクロス7 Let’s Fire!!!/Fire Bomber

マクロス7 Let’s Fire!!!/Fire Bomber

 

 Re.FIRE!!

Re.FIRE!!